2017年11月10日

PTWプリコックシステムの開発完了!

当方がPTWにおいてプリコックの必要性を感じたのは2年前に遡る。

トリガーのレスポンスはモーターで稼ぐものとそれまでは思っていたのだがモーターで乗り越えられない壁がある。
物理的に回転運動を往復運動に変えているのが電動ガンなのでモーターをいくら低回転から力のあるものに変えてもギヤが回ってピストンを引いてスプリングのテンションでピストンを前進させてという1サイクルを完結させる際の総回転数は変わらない。
トレポンだとギヤ比がMAX仕様で約24なのでモーターが24回転しないとBB弾を発射出来ないのでその回転数すらももっと縮めたいと思うようになってきたのだ。
モーターが24回転回転するうちの何処でBB弾を発射するかが重要となる。
24回転目で発射するのか?
5回転目で発射するのか?
これは大幅に異なる。

しかしながらそれを解決するのは簡単なことではない。
現物でギヤの動きを理解し尽くさないと破損が待っているので慎重に各部品のクリアランスや作動を見ながら逆回転ラッチを設置する場所を検討していく。
かなりの回数の試行錯誤、設計変更を繰り返して逆回転ラッチの位置を設定している。
そして、セクターギヤの検知穴の変更を行う。
PTWのギヤの強度剛性が高いので純正検知穴をベースに数箇所検知穴を追加し使用しない所はグリスで穴埋めを行いプリコックシステムに合ったセクターギヤの穴位置を設定する。

この2点でプリコックが可能となる。

このプリコックの導入により飛躍的にレスポンスが向上したのはいうまでもない。

新しい考えを入れれば技術的に難易度が高いことであっても可能となる。
  


Posted by MMC at 07:04Comments(0)

2017年11月04日

凄い物が現れた!

凄い電動ブローバックが現れた!

American airsoft factory
YouTubeやwebで是非動画を見て欲しい。

アメリカのEBBでかなりの高品質で精度が良い動きをしている。
コイツは欲しくなってきた!  


Posted by MMC at 20:54Comments(0)

2017年11月02日

PTWを理解する

今回は作動を直接理解すべくL85を用意した。


当方が制作したL85カービン PTW System搭載モデルである。

当方でしか見れないのがPTWの実動状態での作動である。


セクターギヤとサンギヤは丸見えである。

M16、M4、MP5系のPTWではフレーム内部で収まってしまう為、実際の作動は見ることはできない。

その作動を確認する為に制作したと言っても過言では無い。
動画サイトなどではモデリングによる作動動画など多数あるのだがエンジニアとしては実でどういう風に動いているのかが新しい物をデザインする力となるのだ。
特にPTW Systemにおいてはスペースが無い所にレイアウトを生み出さなくてはならないという現実があるので特に重要だと考える。

L85はアッパーフレームを取り外せばシリンダーを外さずに作動させる事が出来る構造にしたからこそ今回の新規開発部品が頭に浮かんだのである。


エアガン業界はエポックメイキングな機構が産まれるとあっという間に流れが傾くように見られる。

ツヅミ弾→BB弾
ケース弾→ケースレス
エアコッキング→ガスガン
ガスガン→電動ガン
ノンホップハイパワー→ホップ付き0.98J

機構的には優れていても時代の流れで主流派となれなかった機構も存在する。

PV式ガスガン(MMCタイプ)
電磁ガス銃(アサヒタイプ)
電動ユニット(トイテック、TOP、etc)

PTWははたしてどっちか?
私が思うには後者でも前者でも無い中間地点では無いだろうか?
PTW自体チューニングパーツはまだまだ少ないのだがここ最近ホップ周りの部品がポコポコと出てきている。
そして中古品もそれなりにオークションに出つつある。
趣味なので人それぞれなのだが外装てんこ盛りの高額商品が多く中々落札されないのが仕方ないと思うのだが。

マルイ式のギヤボックスassyはほぼほぼ研究し尽くされており熟成度は高い。
PTWは部品を生み出すメーカー、個人の数が圧倒的に少なくマルイ式に比べるとまだまだパーツも少ない。

価格的にマルイの販売数に及ぶことは無いのだが主流に近いシステムとしての所まで行けると当方は信じている。

  


Posted by MMC at 05:55Comments(0)

2017年11月01日

PTW SuperMAXとMADMAX2の生産終了

PTWの歴史の中で重要なのがSuperMAXである。

これが生産終了となるようだ。(出典モデルショップPAPA)

確かにMAXの性能の底上げすることによってSuperMAXの存在価値自体揺らいでいた事は確かなのだか。
 
モーターの性能が出過ぎてサイクルが早くなり過ぎた場合などSuperMAXのギヤボックスは非常に使い勝手が良かった。

しかし、時代の流れは仕方ない。

MADMAX2もしかりでカタログ落ちこそしていないものの現行法規下においてはあまり買うメリットの少ないグレードであったことは確かである。

これを購入した理由は、、、システマ史上最強トルクの7512モーターがどんな性能なのかを調べる為でしかない。
これに関しては購入した人しかわからない。

これからシステマはどこに行くのだろう?
若干の不安を残すところではあるが。。。
  


Posted by MMC at 05:54Comments(0)

2017年10月31日

新規開発部品

久しぶりの更新となります。

2つの部品を新規開発を行うことに決定しました。

・PTW L85に新しい機構を組み込み、TESTする。
・現状のA3にて新型HOPチャンバーを開発、搭載する。

この2個の企画は今今は年末の完成を目指しているが予算次第かな?

L85の方はアッパーフレームを外すとシリンダーとギヤの作動、位置関係が確認できるので選考しました。
A3の方はトレポンのHOP調整がマグウェルからだとやりにくいとお客様より前々から言われていたので欠点のブラッシュアップですね。
  


Posted by MMC at 05:55Comments(0)

2017年10月16日

取り敢えず一息

ミニミチューニングは一息置きまして。。。

新しい銃が当方に来ました。

サンプロジェクト M40XB

購入当初からワンオーナーで履歴がハッキリとしているマトモな中古品でした。
前のオーナーさんの努力のあとがみられて15〜20mまでは素晴らしい精度の弾道。

もちろんノンホップ仕様にされているのでこれからどういう風から味付けしていくか。。。

考えなくては。  


Posted by MMC at 06:51Comments(0)

2017年10月13日

A&K ミニミチューニング4!

支給されているモーターはイマイチの性能なのでお客様から許可を得てモーターチューニングに入ることにした。

まず手元にあるモーターは4種類
・A&K純正本中華モーター
・マルイEG1000
・マルイEG30000
・G&P M120

A&K純正本中華モーターはとにかくモッサリした回転しかしない。
トルク感も感じられずにレスポンスも悪く回転数も上がらない。
しかし、モーター缶の磁力はこの中の1番強い。

マルイEG1000は可もなく不可もなくそれなりに優等生で回転数もトルク感も普通に回る。

マルイEG30000は基本的にEG1000の性能を高回転側に振った感じで停止から低回転のトルク感が低い。

G&P M120はEG30000を更に高回転側に振った感じで停止から低回転のトルクは更に低く扱い辛い性能。

それぞれをまずは分解してバラバラにする。

1、モーターのブラシ一式を外してからピニオンギヤを外す。
2、モーター缶のカシメを起こして樹脂エンドベルを外す。
3、ローターを引き抜く。

そしてローターは見分けが付かなくなると困るのでローターにモーターの名称を書いておく。

今回のモーター分解で色々と分かったことがある。
先程書いたのだが中華モーターでも侮れない部品があるという事。

A&K純正本中華モーターの磁石はネオジムかサマコバ磁石を使用しているがローターの巻線スペックが悪く、性能を上げる事が可能だということが分かった。
ここでいう性能を上げるということはEG1000やM120よりも優秀なモーターを作り出せるということ。

なのでモーター缶はA&K純正本中華を使用する。
この強い磁力なら最高回転数は多少アップしながら停止状態からの低回転のトルクが出ているモーターを作ることが可能である。

ローターに関してはA&K純正本中華モーターは
いただけない巻線スペックなので巻き直し用のストックにする。
EG30000とM120のどちらかにするのだが両者ともに巻き数はほぼ同一なので実際に組み付けて回してみる事にしたのだがM120の方が停止状態からのトルクが若干強くこちらを使用する事にした。

ブラシはEG1000の物が1番新品状態に近く磨耗や熱劣化が少なめなので今回はこれを使用する。
本来であれば材質の選択やブラシスプリングのテンションを細かく決めるのだがここは後からの調整とする。

そして各部品を組んでいって駆動テストするかなり良い感じで回る。

強力な磁石を採用した時にある停止状態からカウンタートルクも十分にありつつ回転数の上がり方も早くEG1000よりも確実に性能アップしている。

早くギヤボックスのセッティングを出して回してみたいものである。

  


Posted by MMC at 06:49Comments(0)

2017年10月11日

国産パーツの優位性

今今ミニミのチューニングを少しづつ進めているのだが今回ののスパーギヤ破損については中々参った。
ギヤ単品をメカボックスに組んで作動を見る時にはスムースに動いているのだが全て組んだ時のみスパーの歯が飛ぶのだ。
原因はベアリングとスパー自体に合ったのだ。
モーターを作動させてベベル→スパー→セクターと
回転を伝えていくのだがベアリングはスラスト方向の動きを受けるとスチールボールを軸として若干ながらラジアル方向に動きが出てしまう。
さらにスパーとセクターが噛み合っている部位を中心にギヤ自体がスリコギ運動をしながら動くのでメカボックスとギヤののクリアランスが極小の所でギヤが引っ掛かってしまい一番ギヤ強度が低い焼結合金製のスパーのギヤの歯が破損しつつ回転数が高いとギヤの軸自体の強度が低い所で軸が折れてしまう現状が発生してしまう事を見つけたのだ。
しかも、国産ベアリングと銘打っていた商品が実は中国製と言うことも破損した部品を解析していったら判明した。
販売している物に対してウソの説明にやられてしまった。
今回の破損に対してはスパーギヤのしなり強度とボールベアリングが悪さをしている事が判明したので通常のメタル軸受けに変更し、ギヤ自体も国産のスチール削り出しスパーギヤを奢ることにした。
海外でも最近は良い部品も有るのだが、信頼性を出すのであればやはり国産削り出しのギヤである。
しかも新品ではあるが15年前位の日本でエアガンが景気が良かった時の物をセレクトした。
ワザと壊れやすい状態で作動テストを行ったが作動が止まっても全くギヤ自体はキズ、クラック、しなりによる歪みは無くかなりの高強度の物であることは確認したので次はベアリングの変更である。  


Posted by MMC at 06:24Comments(0)

2017年10月06日

トレポンの可能性3

PTWの可能性まだまだある。
それはシリンダーである。

構造的に見てもオーバースペックな材質を奢っており耐久性はかなりのもの。
良くマルイと比較してシリンダーヘッド、ノズルの構造が悪いと言う方がいらっしゃるがここが今回の肝となる。
マルイの様にタペットプレートを使用せずピストンヘッド内臓のoリングでノズルの動きを制御しているがこの構造でなければ実現出来なかったのがPTWj分解出来る構造と今回の開発部品である。

まだ完成の域には行かないのだが動作確認用の試作品は良い結果を出して来ている。

年末までに完成出来れば良いのだが。。。
  


Posted by MMC at 06:27Comments(0)

2017年10月05日

トレポンの可能性2

昨日書いていたトレポンの可能性について引き続き書いていこうと思う。

まずはホップについてだが比較対象はマルイになる。
マルイのホップラバー(チャンバーパッキン?)は薄いゴムにテンショナーパッキンを噛ませてプラスチックのホップテンショナーでテンションを掛けているのだがその構造が結果的にBB弾に余計なテンションを加え過ぎず適切なテンションてホップ回転を与える事を成功させている。

逆にPTWは分厚いシリコンゴムのローラーパッキンのゴム自体のテンションのみに依存したホップになってしまっている。
逆にホップラバー一つの材料の形状によりまだまだいくらでも進化出来るということになる。

当方で開発したE-HOPラバーもかなりの弾道を叩き出しているが完璧な弾道ではない。

もっと集弾性を上げて、もっと飛距離を飛ばす事を日夜考えている。
  


Posted by MMC at 06:34Comments(0)