2017年03月14日

私の兵装の方針について。

最近はほとんどがセミ縛りが多いのでとにかくトリガーに対してのレスポンスを追求する方向で。
フルは滅多に使わない。
基本的にに性能を突きつけてしまう性格なのでチューニングジャンキーやマッドサイエンティストと呼ばれることが多々あり。(やり過ぎ。。。)
フルサイズのライフルが好きなのであんまりカービンモデルは使わない方向で。
まぁたまにカービン使う。(特殊)
好みはスタンダードな外観なのでゴテ盛りはきらいます。
スリングとスコープくらいです。
国の縛りは全く無し。
どれでも良い銃は使います。

詳細はまた後日!

  


Posted by MMC at 06:56Comments(0)

2017年03月14日

まずは各メーカーの評価から!東京マルイ!

エアガンが世の中に登場してから約30年経ちますが各会社ごとに評価していきます。

まずは現在のエアガン界の王者「東京マルイ」
比類なき高性能と価格を業界のスタンダードとして作り上げたメーカーです。
エアコッキングすれば誰でも撃って誰でも当たる!
電動ガンもバッテリーを繋げば直ぐに撃って当たる!
これは凄いこと!

マルイの技術的に凄いことは電動ガンのシステムを物にしたことと可変ホップの採用にある。
電動は投入当初はパワー戦争真っしぐら!パワーが無い、飛距離が伸びないと言われていたがバッテリーというパワーパック1つで銃が独立した装備となるガス時代には考えられない物だった。
そこに従来のエアガンには純正採用されていなかった可変ホップアップを市場に投入したのだ。
これにより飛距離が格段に延びノンホップの銃はほぼ全て駆逐された。
ガスでもホップアップはサードパーティで存在していたが調整がシビアな物が多く上級者向けの禁断の部品だった。

マルイが登場する前は酷い品質の中サバゲをやっていたものだ。

アフターサービスも完璧!
基本的にお客様対応は良い。

過去には冒険を嫌わない社風でしたが最近は大きくなり過ぎたせいかリスクは負わない方向に行きがち。
しかしながら暴走はしやすい。
特急ガン、電動スクーターなど。。。

エアガンとしての箱出し、チューニングしたものの性能は何も言う事はありません。

取り敢えずありきたりな評価ですがきょうはここまで!
  


Posted by MMC at 06:25Comments(2)