2017年03月15日

私の兵装の方針について3

私がマルイの電動ガンが好きになれないのは次の理由が挙げられる。
・トリガーに追いつかない事が多い。
・トリガーを放してもオーバーランが止められない時がある。
・フレーム形状など(特にM16系)デフォルメが激しい。
・本体の剛性が無い。
1個、2個目はチューニングすればかなり良くなるが
3個、4個目どうにも出来ない問題である。
フレームは電動ガンのメカボックスに沿った形状なのでどうにもならない。
メーカーとしての努力は勿論認める所です。
ただし剛性についてはM16系は諦めるしか無いと思っている。
次世代のフレームなど使えばそれなりに剛性は上がるがそれなりでしかない。
何処まで剛性を求めりゃ納得するのか?と良く言われるが私の基準は昔のガスガンメーカーのアサヒファイヤーアームズの剛性である。
特にしなりもせず剛性の頂点にあるのはアサヒのWA2000である。
これは持った人にしか解らない。

それをマルイの電動ガンに求めるのは酷というものも十分に理解しているが人間は一度上の世界の物を触ってしまうと基準が上がってしまう生き物である。

これについての電動ガンの答えはただ1つ。

次回に続きます。  


Posted by MMC at 21:16Comments(0)

2017年03月15日

私の兵装の方針について2

電動でセミオートを追求すると自ずと立ちはだかる壁がある。

セミロックで有る。

スタンダード、次世代共に基本的にメカニカルな接点スイッチを使用し、制御自体もカムやリンクを使用した物を純正採用している。
しかしながらチューニングすればするほどこの部分はどうにもならなくなってくる。
所詮はメカニカルな動きを純正のモーター、バッテリー、ギヤ比を使う事を前提に作られているからだ。
そこで出てくるのがFCU(ファイヤーコントロールシステム)で有る。
メカニカルな電源カットオフシステムを電子制御に変更するシステムだ。
確実にセクターギヤの回転を制御できるのだ。
ただこのシステムを生かし切るには技術とお金と労力が必要となってくる。

セッティングが出せれば素晴らしい性能を叩き出す禁断の果実です。

無論、初心者お断りの上級者パーツ。

色々なパーツが星の数ほどありチューニングし放題だが私は何故かマルイが好きにはなれない。
勿論性能も素晴らしく何もいうことはないのだが。

続きはまた更新します。
  


Posted by MMC at 06:35Comments(0)