2017年03月15日

私の兵装の方針について3

私がマルイの電動ガンが好きになれないのは次の理由が挙げられる。
・トリガーに追いつかない事が多い。
・トリガーを放してもオーバーランが止められない時がある。
・フレーム形状など(特にM16系)デフォルメが激しい。
・本体の剛性が無い。
1個、2個目はチューニングすればかなり良くなるが
3個、4個目どうにも出来ない問題である。
フレームは電動ガンのメカボックスに沿った形状なのでどうにもならない。
メーカーとしての努力は勿論認める所です。
ただし剛性についてはM16系は諦めるしか無いと思っている。
次世代のフレームなど使えばそれなりに剛性は上がるがそれなりでしかない。
何処まで剛性を求めりゃ納得するのか?と良く言われるが私の基準は昔のガスガンメーカーのアサヒファイヤーアームズの剛性である。
特にしなりもせず剛性の頂点にあるのはアサヒのWA2000である。
これは持った人にしか解らない。

それをマルイの電動ガンに求めるのは酷というものも十分に理解しているが人間は一度上の世界の物を触ってしまうと基準が上がってしまう生き物である。

これについての電動ガンの答えはただ1つ。

次回に続きます。






上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。