2017年07月10日

PTWのホップシステムについて12

とうとう弾道テストをする時が来た。
今まで散々色々と書いて来たのだが良い弾道が得られなければただの失敗作である。
今回はバレルの長さを三種類に振ってホップを組み替えながらテストをしていく。
510mm
370mm
250mm
この3種類である。
バレルのホップ窓拡大加工は全て終わっているのでバレルを組み替えながら同一のチャンバーで作業を進めていく。
場所は九龍迷宮街区の50mレンジ。
弾はマルイ0.25gが当日に手配出来ず仕方なく店に置いてあったBLS0.25gバイオを使うのだがこれが良くなかった。

今回のグルーピング計測では下記の距離での精度を重視した。
30m
50m

まず30mでの最小グルーピングは250mmバレルで170mmである。
50mでは0.25gを使用しても流石に弾のエネルギーが弱いのでグルーピングは取れていないのだがやはり250mmバレルがマンターゲットをほぼ外さず良い結果を得る事が出来た。
9/10発であるのだがマンターゲット内ではすこしバラツキが多いかも知れない。

510mmバレルでは50mでのマンターゲットの命中率は3/10発となる。

370mmで6/10発となりそれなりのデータは取る事が出来た。

しかし本来であればもう少し精度が高くなると予想していたのでマルイの弾を購入し直して再度テストが必要という結果とした。

後日弾をマルイに変更してテストするのだが予想通りBLSの弾の精度(各個別の弾の重量のバラツキ、弾の重心点のバラツキ)がマルイと比べると段違いに悪く、遠距離レンジでは厳しい物である事が判明した。

ちなみにマルイ0.25gを使用し250mmバレルで50mを撃つと風がない場マンターゲットは確実となった。  


Posted by MMC at 06:53Comments(0)

2017年07月05日

PTWのホップシステムについて11

前回の続き。

まずはホップチャンバーの上側にテンションラバー用の窓を開ける事から始める。
ここの加工はフライス盤に1mmのエンドミルを使用して丁寧に時間を掛けてテンションラバーが多少潰れる寸法を考えながら穴の大きさを設定していく。
余りにも大き過ぎる穴を設定してしまうとPTWのホップチャンバーの形状から行くとチャンバーの気密が取れなくなってしまう。

テンションラバー自体は東京マルイの純正ラバーチャンバーについて来る円筒形のゴムチューブをチョイスした。
大きさ、ゴムの柔らかさなど考えた結果このゴムチューブが一番良い可能性が高い。
このゴムチューブを真横に寝かせて使用する。

チャンバー上部に穴空け加工し、テンションラバーを入れて指で押さえるとホップラバー自体上から押さえるテンションが掛かる。
ここを微調整する事によりトレポンホップのピーキーな特性を緩和させる事が出来る。

ホップラバー自体に関してはサードパーティーの長掛け用ホップラバーを加工して使用することが一番楽であるのだが満足いく性能を出すことが難しいのでホップラバー自体を新規作成する事にした。
以前のブログで書いたように固めのラバーでも形状の工夫で柔らかくBB弾を保持すべく試作を繰り返した結果アルファベットのEの字を横にした様なホップラバーを考案した。

バレル自体もホップ窓を拡大してホップラバーの変形を逃す形状に変更する。
これにより弾道の左右のブレがかなり改善されるのだ。

最後にチャンバーの気密と可変機構になる。
PTWのチャンバーは小型でありホップアジャスターの大きさから考えて加工するスペースが非常に小さい。
チャンバー自体のホップ部位の肉厚も少なくカナリの加工精度が必要となって来る事が予想されたのだがここはエンジニアとして頭の使い所である。
良く部品を観察していくと精度良く設定されているPTWだがチャンバーの部位だけスペースが空いているのだ。
ここを有効に使用しない手は無い。
チャンバー自体にスリーブを被せて可変テンショナー機構を埋め込むことにした。
まずは簡単な半固定でテンショナーラバーを設定すべくスリーブのホップラバー直上部位に貫通しない穴を開けてその上部に薄いシリコンラバーをテンション調整用として入れる事によりオートテンショナーとして利用する。
その下にスチールボールを入れ込み上部テンションラバーを押さえる構造とする。

上部のテンションの可変化はまず、半固定の弾道を確認してからにする。
弾道が良くなければ可変化しても意味がないからだ。

もちろんチャンバーベース下部位からの従来のホップ調整も可能であり、上部から更にホップの微調整が可能となればPTWにとっては大きな進歩になる。

まずは上記加工によって試作品は完成したので弾道テストを行っていく。
  


Posted by MMC at 06:55Comments(0)

2017年06月27日

PTWのホップシステムについて10

ここまでPTWのホップシステムの悪い箇所について徒然とかいて来た。

アクだしはほぼ完全に終わったので新型ホップとホップチャンバーの作成に入る。

MASTで投入する技術は下記の通りとなる。
・アジャスターラバー上側の追加
・柔らかくBB弾を抑える長掛けホップラバー
・気密が保持できるチャンバー
・可変機構
・バレル側ホップ窓の拡大加工

スペース上の制約が多く困難が付き纏う事は分かっているのだがより良い弾道を得るには仕方がない事。
ベースとして社外チャンバーは信用出来る精度が出ていないので純正チャンバーを加工していく。

マルイ式をベースとせずに何処までマルイチューンドに迫れるかが肝となる。  


Posted by MMC at 06:28Comments(0)

2017年06月20日

PTWのホップシステムについて9

PTWの長掛けホップについて書いてきたが開発するに従って解ってきたことがある。

遠距離での弾道の横振れの幅である。

これに関してはどうにもならないかな?と思っていたのだがあるトラブルから解決策が見出される。
トレポンは40mを過ぎる頃からマルイと比べて横振れが激しくなる傾向を見受けられる。

まぁ、前々回のブログで書いた通りのホップでも取り敢えず目標の50mまで到達するのでまあ良いかな?と思っていたがやはり気に食わなくなってしまった。

特に上記で書いた横振れにスポットを当てて改善をしていく。
PTWの長掛けホップで有名なのはRAIDラバー、オルガフラットホップアジャスターである。

しかしながら上記の物はBB弾を柔らかく抑える事は形状的に難しい。
なので比較的にピーキーなホップ特性になりやすい。
遠距離になると横振れが激しくバラけやすいのだ。
これが飛ぶ事は飛ぶが命中精度がイマイチということになる。
当方開発のホップラバーではかなり横振れを押さえ込んだのだがどうしても40m以上での横振れが少し出てしまっていた。
この横振れの原因はホップラバーの長さとバレルに有ったことを突き止めたのだ。



  


Posted by MMC at 08:57Comments(0)

2017年06月18日

PTW MADMAX2のメンテナンス

最近サバゲの回数が多いので消耗品の確認がてらメンテナンスを実施した。

ギヤボックスの分解からスタート。


さくっと取り外しを行いました。


内部に関しては問題無し。
グリースの汚れ方も通常とおりで異物など金属の混入は無し。

ただしシリンダーユニットに若干の不安あり。
シリンダーホーニングが若干荒いのかシリンダーのグリスが結構黒くなっている。

グリスをパーツクリーナーで溶いてみるとやはりゴムが繊維上に細く出てくる。
これはピストンの摺動負荷に対してピストンヘッドの0リングが負けて磨耗してしまっているからである。

MADMAX2の射撃フィーリングを維持する為にはしょうがない。(笑)

ピストンヘッドOリングも消耗品入りです。
それともシリンダーのホーニングを修正加工するかは悩ましいところ。。。

モーターのブラシも結構な消耗具合なので次回メンテナンスで交換かも。  


Posted by MMC at 09:48Comments(0)

2017年06月15日

PTWのホップシステムについて8

PTWのホップを開発していくの中で一番難しい点は下記の通りとなる。

・硬度
・材質
・形状

まぁ、当たり前の事ではあるがこの3項目が改善出来ればマルイの良くできたチューンドにも肉薄出来る性能を持つことが出来るだろう。

PTWではナチュラルな弾道だから当てやすいといういう人も多いがマルイはホップを掛けて飛距離を延伸しても弾道はバラツキ難い。
これはPTWからすると羨ましい限りである。

当たり前ながらPTWより優れている点は吸収しPTWの性能を底上げすることが重要である。

サバゲにおいて飛距離、集弾性が悪い銃は道具として劣るからである。

話は脱線してしまったが上記3項目について改善していく。

ラバー硬度について
基本的には柔らかい方が好ましいと考えるが極端な柔らかさは逆に破損などの原因となってしまう。
出来れば硬度60位のラバーを使用したいのだがPTWのHOP構造から考えると硬度60ではホップラバーにBB弾を保持、発射した時にバレルとの不具合が発生してしまう。
そこでやや硬い硬度70のラバーをチョイスして硬度60相当になる様に設計する。
硬いラバーであっても柔らかくBB弾を保持することは可能なのだ。

材質について
エアガンにおいてホップは耐久性と性能が求められる。製造コストも考えると通常のゴム素材がベストである。

形状について
ここがホップラバーで一番難しい点である。
今回はまず飛距離を出すべくホップアジャスターの全長一杯にラバーを延ばしていく仕様とする。
長掛けホップである。
PTWで長掛けホップを使用するにはかなりの利点がある。
チャンバーに入ったBB弾の保持位置を安定させる事が出来る。
さらに硬度の所で書いたが硬いラバーを柔らかくBB弾に当てるように形状を設定する。

上記の点さえ間違えなければPTWでもかなりの精度の弾道を叩き出す事は可能となる。
  


Posted by MMC at 06:50Comments(0)

2017年06月09日

PTWのホップシステムについて7

前回に続きサードパーティーのPTWのホップシステムについて書いていく。

サードパーティーのホップシステムは大まかに2つの種類に分かれている。
・SYSTEMA純正のホップアジャスターを利用するもの
・マルイホップシステムを移植する物。

SYSTEMA純正ホップアジャスターを利用するものは調整操作を簡略化する為に製作されたものが多い。

マルイホップシステムを利用する物は上記のそれに弾道をマルイにすれば良くなるという考えで作られている。

確かに操作性は一回一回マガジンを外さなければホップ調整出来ないのは面倒だ。
弾道に関してもマルイホップシステムの弾道がそのまま使用出来れば簡単である。
しかし中々簡単には行かないのが世の中である。

SYSTEMA純正アジャスターを使用してロータリークリックするものはチャンバーにダイレクトに穴を開けてピンで直にラバーかアジャスターに当てて可変調整する為に弾道自体は元々の物からあまり進化させることは難しい。

マルイホップシステムを利用するものは上記の物に付け足したものが多くホップラバー自体を押し下げる為の円筒形のクッションラバーをソリッドな円柱形のものに変更してしまっているものを多く見かける。

ラバーの形状に関しては各メーカーで発売されている物は設計者の思想が入っており、苦悩がみられる。
少しでも良くしたいという考えが見えてくる。

ただ言えることはSYSTEMAのローラーホップの思想に関しては間違えであることがハッキリとしている。
ホップラバー自体は回転してはいけない。

次回に続く。
  


Posted by MMC at 06:28Comments(0)

2017年06月08日

PTWのホップシステムについて6

ホップ自体については純正の悪いと思われる所の洗い出しは完了したがホップの調整機構についてももう一つ悪い点があった。

イモネジによる調整機構である。
ホップアジャスター本体の高さを決めているのがチャンバーの下部にあるイモネジだがこれがチャンバーと共に新品の時は部品同士の慣れが付いて居ないので適度な緊度で締まっている感じで回るのだが調整をしょっちゅうしていると部品同士の当たりが付いてしまい緩くなってしまい、射撃時の銃自体の振動でイモネジが緩み易くなってしまう。

イモネジでダイレクトなので仕方がないが使っている方にすればこれはいただけない。

本日までに書いたシステマのホップシステムの欠点を直していくのにはかなりの労力を有することになるがこれが修正し切れればPTWもマルイのよく出来たチューンドと肩を並べる事が出来ると思えばその苦労も仕方なしかな?と思う。

次回はサードパーティーのホップシステムに付いて書いていく。

現状で部品の設計は数プラン練っているのでさらに検討しどれが最適なプランとなるのかを検討していく。

次回に続く。  


Posted by MMC at 06:33Comments(0)

2017年06月07日

PTWのホップシステムについて5

次にアジャスターについて書いていく。

アジャスター本体がホップラバーをC字の先端で咥えてスチールピンで固定する構造になっており、アジャスターの上下のテンション調整はこれまた細いシリコンチューブで行なっている構造になっている。

弾がホップラバーを通過するごとに質量があるアジャスターごと上下に移動してホップを掛けているので発射サイクルが高くなり過ぎるとテンショナーラバーがアジャスターの上下動に追従出来ないのがこのシステムの最大の欠点である。

さらにノズルの気密保持用チャンバーパッキンは真鍮カラーに挟まれる構造になっているので真鍮カラーの全長が長く、ノーマルのホップラバーでBB弾を咥えられないのでBB弾の保持位置が毎回バラバラになってしまう。
これによる弊害は弾の上下方向の弾道バラツキの原因になってしまうだろう。

まずはノーマル形状を読み解いた。
次回に続く。  


Posted by MMC at 06:23Comments(0)

2017年06月06日

PTWのホップシステムについて4

今回は純正のシステムを細かく解いていこうと思う。
純正ラバーはは2012年から変化の無いシリコンチューブを使用したものだ。
そして純正ホップアジャスターはアルミか亜鉛合金製の鋳物である。
ラバー自体は年を追うごとに太くなり、柔らかにBB弾と接触出来る様に変更されている。
アジャスター自体は販売当初から全く変わらない。

この両者に問題が山積していると思われる。

まずはホップラバーに関してだがマルイほど柔らかいテンションでBB弾に接触出来ない事。
これ自体が何年経ってもPTWがマルイに敵わない理由である。
  


Posted by MMC at 06:21Comments(0)